株式会社ユニマットプレシャス| プレシャスなひとときを

株式会社ユニマットプレシャス| プレシャスなひとときを

recruit_btn_07

会社案内

 


LIFE WITH UNIMAT
たった一杯のコーヒーで、ニュートラルな自分を取り戻す瞬間
日々、感性を磨く、「こだわり」に囲まれた生活
ひとときの休息に、楽園を求めて辿りついた場所
そんなゆとりとやすらぎあなたに
 

UNIMAT GROUP
From Beginning to End
あなたの人生と共にありたい

ユニマットグループは、ゆとりとやすらぎを提供する総合サービス集団です。


コーヒー、ゴルフ、家具、料理、介護サービス、ブランド製品、リゾート、ソフトウェア、サプリメント…。グループ各社が扱う商品やサービスは数多くありますが、それらは、お客様にゆとりとやすらぎを提供するためのツールであり、真の商品は、「ゆとりとやすらぎ」そのものなのです。
我々は、過去の成功に引きずられることなく、新しい成功へ挑戦するクリエイティブ集団でありたい。それが、すべてのお客様にゆとりとやすらぎを提供することへの第一歩であると考えています。


Philosophy / 理念 
「ゆとりとやすらぎの提供」


Vision / 展望

ユニマットグループは、ゆとりとやすらぎを提供する総合サービス業集団です。
お客さま一人ひとりのさまざまなライフスタイルや人生設計において、ワンランク上の価値を提供することで、生きていることの歓び・感動・満足のサポートをしていくことを事業姿勢としています。
我々は、事業領域を限定しません。未開拓な市場に可能性を見出し、開拓された市場に新たなニーズを生み出します。
生まれ来る子供がいつか老後をむかえるまで、人生のすべてのシーンにおいてゆとりとやすらぎを提供できるサービス業のあり方を模索し、人々の移り行くライフスタイルに対応したコミュニティ、ソサエティの創出を目指し続けます。


Mission / 使命

創造:ビジネスは、まず「事業特性」を創ることから始まります。事業とは、お客様への誠実さを分母にした作品づくりです。事業へのこだわり、時代とのかかわり、人間とのまじわりを通じて個性的な作品を生み出すのです。

挑戦:既存の事業に新しい息吹を吹き込むチャレンジが、他社との差別化を図り、かつ利益を生むビジネススキームを構築する第一歩となります。ハードルを越えて未踏の地に足跡を残すことは事業がもたらす最大の喜びです。

成功:事業の成功は、強い意志による実行から生まれます。どんなに個性あふれる事業を創造し挑戦しても、お客様に届かなければ絵に描いた餅です。評論家になってはなりません。人を納得させるのは、言葉ではなく行動です。

共生:利益はお客様の笑顔に比例します。お客様に提供したサービスに対するささやかなお礼が、会社にとっての利益になるのです。そうやって得た利益を先行投資に回しながら成長していくのが、企業のあるべき姿です。


ロゴマークの意味
ユニマットグループのロゴマークは、人と自然との調和を表しています。


unimat-logo

虹の赤色(火)、青色(水)、黄色(光) …… 生きている実感、安心感
木の緑色 …… 心身の開放

ユニマットグループサイト
http://www.unimat.co.jp/


precious_logo

シナジーを生む5つの事業

現在ユニマットプレシャスは5つの事業を軸に展開を進めています。豊かな自然、ゆっくりと流れる時間の中で、最上級のおもてなしを提供するリゾート事業、ゴルフ事業。マリーナ事業、1928年創業のキャラバンコーヒーを運営するキャラバン事業。新時代のセンスを提案し続けるレストラン&ブライダル事業。
これらの各事業が連携することで、時代のニーズやライフスタイルの変化に対応した、個性あるサービスを提供しています。今後、さらに各事業の連携を深め、シナジーを高めると同時に、新規事業を軌道に乗せることで新時代の企業経営をダイナミックに推進していきます。
「将来、ユニマットグループの経営をリードする」ともいわれる期待に応えるべく、マーケットの中にかすかに芽生えるシーズの将来性を分析しながら「魅力ある価値」を創造していきます。

ユニマットプレシャス・コーポレート・サイトTOP
http://www.unimat-precious.co.jp/ 

リゾート事業

訪れるすべての人を、日常のすべてから解き放つリゾート

shigiraresort

わたしたちのシギラリゾートは、沖縄本島からさらに南西300km離れた宮古島にあります。島の南岸、海岸線に沿って広がる約100万坪の敷地に、ホテル、ビーチ、ゴルフ場、温泉、様々なレストランと、リゾートステイの醍醐味すべてが揃う、まさに楽園です。

シギラリゾートは、東西が約6㎞。これは東京駅から新宿駅までの直線距離に匹敵します。首都圏の方なら、その規模の大きさを実感できると思います。

シギラリゾートの開発は、昨年30周年を迎えましたが、今後40年、50年、100年と永遠に続くヴィジョンに基づいて推進していきます。開発と言いますと自然破壊しているのではないか?と思われるかもしれませんが、私どもは自然と共生できるようにと、砂を運び美しいビーチもつくり、何万本もの植林を行い、今ではウミガメが産卵に来るようになり、数多くの野鳥が生息するまでになりました。

30年前、地元の方々と想いを重ねリゾート開発計画に着手。以来、2度にわたる経済のバブル崩壊を経ても、開発を継続してきました。その先に私たちが見据えていたのは、宮古島の、沖縄圏域の経済を支える『世界に誇るリゾート地』としての未来楽園図です。ホテル・レストランのみならず、地元、地域に貢献する事業を含め、宮古島の美しい資源を活用して、さらなる価値や魅力を創造することに尽力しています。

スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに沖縄で初めて加盟

宮古島のホテルについては、オールインクルーシブ型のスィートヴィラの『ザ シギラ』、全室スイートルームの『シギラベイサイドスイート アラマンダ』、カジュアルリゾートホテルの『ホテルブリーズベイマリーナ』、『ウェルネスヴィラ ブリッサ』の4タイプを展開しております。

このうち『ザ シギラ』、『シギラベイサイドスイート アラマンダ』は、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(世界70ヵ国以上、520軒を超える小規模で独立系の高級ホテルで構成されたホテルブランド)に、沖縄では初めて加盟しました。

SLH-LOGO
スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)の加盟基準は高く、日本では現在、11ホテルのみの加盟で、このブランド加盟は当ホテルの自然との共存を大切にしたリゾート環境、お客様ひとりひとりへのおもてなしが認められた結果と自負しております。

世界を目指すブランド『ザ シギラ』、『シギラベイサイドスイート アラマンダ』

2013年4月に誕生した最高級ブランド『ザ シギラ』は、専任バトラー対応のオールインクルーシブ型プライベートヴィラ。企業経営者や海外で活躍するスポーツ選手、有名アーティストや芸能人など数多くの選ばれた方が特別なプライベート空間としてご利用されています。

そして2005年に誕生した『シギラベイサイドスイート アラマンダ』は総客室数173室のオールスイート。プライベートプールを備えた客室「プールヴィラロイヤルスイート」「プールヴィララグーンスイート」は計85室と日本屈指のスケールです。
この2つのホテルこそ、私たちが目指す世界観の指標です。

ホテルブリーズベイマリーナ

『ホテルブリーズベイマリーナ』は、美しい珊瑚礁に囲まれた宮古島の海と自然の中に優雅に佇むホテル。“海辺のそよ風”という名にふさわしいリゾートホテルで、ファミリー、カップル、グループ旅行と幅広くご利用いただいております。

ウェルネスヴィラ ブリッサ

「癒やしと健康」をテーマに、“暮らす”ように滞在する、長期滞在型のコンドミニアム『ウェルネスヴィラ ブリッサ』。ロングステイに便利なキッチン、電子レンジ、洗濯機つきの客室と、リゾート内のレジャーやレストランを利用できます。

シギラリゾートHP
http://www.nanseirakuen.com/

ホテル ニラカナイ 西表島

image3
『ホテル ニラカナイ 西表島』は、石垣島から高速船で約40分、面積の9割を亜熱帯の原生林で覆われた日本最後のサンクチュアリーと称される西表島最大のリゾートホテル。大人から子供まで冒険心を刺激する多彩なアクティビティでは、豊穣な自然と一体になる他では出会うことのできない体験を満喫していただけます。

ホテル ニラカナイ 西表島HP
https://nirakanai-iriomotejima.jp

2017年4月 小浜島に2つのホテルをREOPEN

2011年10月1日より行っていた旧名称「星野リゾートリゾナーレ小浜島」の運営委託を2017年3月31日を持って終了し、翌4月1日より『ホテルアラマンダ小浜島』 『ホテルニラカナイ小浜島』 2つのリゾートホテルとして新たにスタートいたしました。石垣島から高速船で25分の八重山諸島のほぼ中心に位置する小浜島。35万坪の広大な敷地内には、60室全室がスイートの「ホテルアラマンダ小浜島」と、102室の客室を有する「ホテルニラカナイ小浜島」を中心に、日本最南端のゴルフ場や、ロケーションの異なる3つのプール、独立した2階建てのスパ棟、レストランなどリゾート滞在を充実させる施設の数々が用意されています。

『ホテルアラマンダ小浜島』

image3
「ホテルアラマンダ小浜島」は、ラグーンの水辺を囲むように優雅に佇む客室は全室スイートルーム。ゆるやかな時間の流れを楽しむ、ラグジュアリーなリゾートステイを叶えます。

ホテルアラマンダ小浜島HP
https://resort-kohamajima.jp/allamanda/

『ホテルニラカナイ小浜島』

image3
「ホテルニラカナイ小浜島」は、南国リゾートステイにふさわしいアジアンテイストのヴィラホテル。お子様連れの沖縄旅行はもちろん、気軽な一人旅など様々なスタイルを楽しめます。

ホテルニラカナイ小浜島HP
https://resort-kohamajima.jp/allamanda/

説明会の日程

CONTENTS